非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

結果が出ていれば、荒削りでも、数をどんどんこなした方がいいという法則・・

f:id:kiriake-tatsuya:20180315110909j:plain

桐明達也です。皆さん、こんにちは。

昨日は、半年前から継続的にナンパのコンサルをしている、34歳の方のコンサルだったのですが、この方、もう女性との連絡先交換とか連れ出しは、そこそこ出来るんですね(と言っても、まだその率は甘いですが)。

で、昨日のコンサルで、その方にご相談された内容は、コンサルの最初からずっと、その方のナンパの声かけの仕方、内容についてとか、トークの内容、この時はこう言えば良かったでしょうか?とか、ナンパの技術のことばかりだったのですね。

で、これはコンサルなので、気になることは、どんどん質問されていいのですが、この方は、とりあえず今のやり方で、連絡先交換とか連れ出しとか、一定の成果は出ているわけです。

でも、普段のナンパの様子を聞くと、せっかく成果が出てきているのに、まだまだナンパをやっている数が圧倒的に少ない。

平日は仕事で忙しいので、あまり出来ないとしても、土日などは、思い切りナンパが出来るはずなのに、土日にナンパをする時も、女性10人に声をかけるぐらいだと言われるのですね。

ナンパの成果が出始めてきて、今が一番、力を入れないといけないトレーニング期間だとしたら、ちょっとこの数は物足りないのですよね。

土日は休みなわけですし、時間はあるわけですから、上手くいく、いかないはともかく、最低でも30人くらいには声をかけないといけないと、この方にお伝えしました。

そしてなぜ、この方が土日にも関わらず、10人ぐらいの女性にしか声をかけられないのか?その理由を聞くと、声をかける前にどういう風に行こうか、色々と慎重に考えたり、また、行く相手を相当吟味してから行くので、一人につき15分くらい時間をかけてアプローチすると言うのですね。

まだまだナンパ初心者の時は、このスタンスは良いと思うのですが、この方の場合、一定の成果は出ているので、この段階では、あまり慎重に行くよりも、どんどん数をいって、一人でも多く結果を出していくフェーズの時期なんですよね。結局、この方は、結果が出てきたが故に、「ナンパの技術」の方に目が向きすぎている。

もっと、完璧な声かけをしたい、流れるようにクロージングが出来る完璧なトークをしたいと、そっちの方に強く意識がいってしまっているわけですね。でもこれだと、なかなか一気に成長できません。

ナンパに限らず、何事でも、技術を学ぶことと平行して、結果を積み上げていくことも大事だからです。

技術があってこそ結果がでますが、でも、結果を多く出せると、また技術も上がるという側面もあるのです。

昨日コンサルした方のように、今、ナンパで、ある程度の結果が出ている方は、今のこの時期は、ナンパの技術ばかりに目を向けるのではなく、多少荒削りでも、数をこなして、一人でも多く結果を出していった方がいいです。

今の自分のナンパの技術が「80点」だなと思っても、結果がそれなりに出ているのであれば、今の段階では、技術の追求は一旦やめて、とにかく数をこなした方がいいです。

技術ばかりに目を向け、立ち止まって100点の技術を目指していっても、時間ばかりが過ぎていき、結果、望む状態にはなかなかなれませんので。

あと、話がいきなり変わりますが、昨日、そんなコンサルを真面目にした後、時間が出来たので、僕自身がナンパをしました(笑)

武井咲(たけいえみ)似の、27歳の清楚なOLをゲットしました^^

僕の話はどうでもいいですか?(笑)

というわけで、最後はプライベートな話になってしまいましたが、今、ナンパでそこそこ結果が出ている方は、今はとにかく数をこなす時期ですよ。

そして数をこなして、結果を多く出せてきたら、また今度は“技術の追求”、今の技術をブラッシュアップしていく、という流れになりますね、はい^^

また、ナンパが成功する「正しいナンパのやり方・ノウハウ」の具体的な話につきましては、こちらでそのことを詳しく解説していますので、良ければ、またご覧になってみてください^^⇒桐明達也の10日間無料セミナー

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー