非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

ナンパを口下手・トーク(会話)下手の男が成功させて、女性をゲットするための方法、秘訣とは?(ナンパ地蔵も含む)

f:id:kiriake-tatsuya:20180331145259j:plain

ナンパを口下手・トーク(会話)下手の男が成功させて、女性をゲットするための方法、秘訣とは?実はナンパは、口下手・トーク(会話)下手の男性でも、“アレ”が出来れば、ナンパは簡単に成功するのです。その口下手・トーク(会話)下手の男性がナンパを成功させるための“アレ”とは・・?

ナンパを口下手・トーク(会話)下手の男が成功させるためのやり方・秘訣とは?


桐明達也です。皆さん、こんにちは。

さて、本日のテーマはこちら⇒「ナンパを口下手・トーク(会話)下手の男が成功させて、女性をゲットするための方法、秘訣とは?」こちらをお送りしたいと思います。

僕は日頃、ナンパが出来るようになりたい方にナンパのやり方をコンサルしているのですが、コンサルを受けに来られる方の中に、「口下手、トークが苦手だ」という方がけっこうおられます。

口下手でトークが苦手なのに、ナンパをやろうと思うのか?と思われるかもしれませんが、実は、「自分は口下手だけれども、ナンパができるようになりたい」と思われる方がけっこう多くいて、僕のコンサルを受けられている方の中でも、実に8割近くの方が、ご自分で口下手だと思われている方です。

で、本日のテーマは、その“口下手、トーク下手の男性がナンパを成功させる秘訣”について、少しお話したいと思います。

口下手、トーク下手の方でナンパを成功させたいと思う方は、ナンパは「このやり方」をすればいいんですね~♪ その“口下手・トーク下手の男性がナンパを成功させる秘訣”とは?

ナンパは、口下手・トーク(会話)下手の人間は、「コレ」をする

 

口下手、トーク下手の男性がナンパを成功させようと思えば、どうすればいいか?その秘訣とは?

実は、口下手・トーク下手の男性でも、ナンパを首尾よく成功させる「コツ・秘訣」はあります。

本日は、それについて少しお話したいと思います。

では、早速お話しますね。

口下手・トーク下手の男性がナンパを成功させるコツと秘訣、それは、

ナンパの時、「トーク以外の部分」を完璧に仕上げる

ずばりこれになります。

口下手、トーク下手の方がナンパを成功させようと思って取り組み始める時、大抵の方は、ナンパのトークが上手くなろうと努力されます。

それこそ、ナンパのやり方が書いた教材などを買って、そこに書いてある「ナンパのトークのサンプル例」とか丸暗記したりして。

あるいは、どこかのナンパ塾に入って、そこで教えてもらったトークを一生懸命覚えて、完璧に話せるように努力したり。

これってなぜかと言うと、そういう方は、ナンパに対して“ある先入観”があって、それは、

ナンパはトークが上手くならないと成功しない

こういった思い込み、先入観があるからです。

だから、口下手の方がナンパに取り組む時は、一生懸命、ナンパのトークが出来るようになろうと努力する。

でもね。

これ(ナンパのトーク)って、ナンパを成功させる要素、または要因の「あくまで一部」であって、ナンパを成功させるのに、これ(ナンパのトーク)が全てではないのですね。

僕は、ナンパを成功させようと思えば、だいたい「6つか、7つ」ぐらいの要素が必要だと思っていますが、ナンパの時のトークって、この中の一つの要素に過ぎないんですよ、実際。

逆にトークがめちゃくちゃ上手い男性でも、残りの「5つ、6つの要素」がダメだと、やっぱり、ナンパは成功しないし。

そして、これの反対に、トークが下手でも、「残りの5つ、6つの要素」が良く揃っていたら、ナンパって、けっこう成功してしまうものなのです。

ということは、口下手、トークが下手な方が、ナンパを成功させようと思えばどうすればいいか?自然と”答え”は出てきますよね?それは「こういうこと」なのです。

ナンパは、何か一つの要素が突出しているよりも、“バランス”が大事

 

僕は、9年間で637人の女性をナンパでゲットしましたが(しかも、サラリーマン時代!)、ナンパを成功させようと思えば、“6つ”、もしくは“7つ”ぐらいの部分、要素で良くないと成功しない、と考えています。

別の言い方をすれば、これらのうち、どれか一つが突出していても、他がダメだと上手くいかないということ。

それよりも、その6つか7つの要素がそれぞれバランス良く(一つ一つが、もの凄く良くなかったとしても)、そこそこに良い方がナンパは成功しやすいと思っています。

で、前述したように、「ナンパ時のトーク」って、このナンパを成功させるための6つ、7つの中のあくまで1要素であって、繰り返しますが、ここだけがずば抜けて良くても、他がダメなら、やっぱりナンパは成功しない。上手くいきにくい。

逆に言うと、ナンパのトークが下手でも、「他の要素」が良ければ、ナンパは上手くいきやすい、ということです。

つまり、

口下手、トーク下手の人間は、「トーク以外の部分(要素)」を、出来るだけ完璧に仕上げる。

これで、ナンパはほとんど上手くいくようになるのです。

もちろん、そのトークの部分も、ナンパを成功させるための基本のトークのセオリーは押さえておく必要はあります。でも、やってもそのぐらいです。

なにか、声をかけた女性を笑わせようとか、ナンパをした女性をトークで楽しませようなどと力を入れることもない。

というか、これを言ってしまうと身も蓋も無い話になってしまいますが、口下手、トーク下手の方が、どこかのナンパ塾に入ったり、教材などでナンパのトークを学んでも、早々、トーク上手にはなれないです(笑)やっぱりトークって、ある程度、天性のスキルってところがありますから。

でも、だからって、ナンパを諦める必要は全く無い。口下手、トーク下手なら、「トーク以外の部分」を完璧に仕上げていけばいいのです。そうすれば、トークが上手くて、他がダメな人間より、よっぽどナンパは上手くいきますよ。

これはナンパに限らずですが、どんな分野でも、自分が明らかに苦手としているところを無理に高い位置に持っていこうとするよりも、その他の分野を高い位置に持って行った方が総合的には高い成果を出せると思いますね。

なので、今、ナンパをしている方で、「自分は口下手、トーク下手だ」と思われる方は、ナンパのトークの基本は押さえる必要はありますが、それさえやれば、後は、他の部分を頑張るようにしましょう。

その、口下手の方が他で頑張る部分・要素については、こちらに詳しく書いておりますので、良かったらお読みになってみてください^^⇒桐明達也の10日間無料セミナー

口下手、トーク下手の方でナンパをされている方は、本当にそこまでナンパのトークに力を入れる必要は無いですよ。ナンパはトークが全てではありません。これ、本当ですよ。

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー