非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

ナンパ初心者でも成功しやすいナンパスポット(場所)はどこなのか?

f:id:kiriake-tatsuya:20180813115128j:plain

ナンパ初心者でも成功しやすいナンパスポット(場所)はどこなのか?ナンパをする人間、特にナンパ初心者は、このナンパをする場所、どこでやればいいか、実際かなり悩みます。実は、ナンパ初心者でも「ナンパが簡単に成功するナンパスポット」があります。それがどこかと言うと・・

ナンパ初心者でも成功しやすいナンパスポット(場所)とは?

 

桐明達也です。皆さん、こんにちは。

さて、本日のテーマはこちら⇒「ナンパ初心者でも成功しやすいナンパスポット(場所)はどこなのか?」こちらをお送りしたいと思います。

ナンパをするようになりますと、どこでナンパをしたらいいか、いわゆる“ナンパスポット”のことが気になるようになります。

これは、ごく自然な流れで、ナンパをやっていくと、「ナンパは、“ナンパをする場所”が大事なんだな」ということが感覚的に分かるようになってくるからです。

実際、ある腕のあるナンパ師が、「A」という場所でナンパをすれば、ナンパの成功率は、90%を超えてくるのに、「B」という場所でやれば、“50%を切ってくる”・・といった差が、場所によって出てきます。

これって、なぜかと言うと、「ナンパをする場所」は、そのまま“ターゲットの質”に繋がってくるからです。

これはナンパに限らずですが、何かで成果を得たい時は、“ターゲットの質”はすごく大事で、アプローチするターゲットの質が、悪いより良い方がいいのは当たり前。

例えば、質が良くないターゲット「1,000人」に頑張るのと、質が良いターゲット「10人」に頑張るのとでは、同じ労力をかけた場合、後者の10人の方が、圧倒的に楽に、また大きな成果を得ることができます。

ナンパも、これと全く同じことが言えて、質の悪いターゲットが、常時1,000人いる場所で頑張るよりも、たとえわずかに10人でも、質の良いターゲットがいる場所でナンパをする方が、確実に楽に成果を挙げる(女性がゲットできる)ことができます。

でね。

僕のコンサルによく、「以前、有名な●●さんのナンパ塾でナンパを頑張っていました」みたいな、ナンパ初心者の方が訪れるのですね。

僕は、この業界では有名でも何でもないので(そこは全く目指してないので 笑)、そういう、ナンパ初心者の方達は有名なナンパ塾を渡り歩いて、最終的にどうにか、“僕”を見つけて、僕のコンサルの門をたたかれるのですが(笑)。

そういう方に、「普段、どういうところでナンパをされていますか?」と尋ねると、もう思いっきりベタな、有名なナンパスポットでナンパをしている、と言われるのですね。

いまどき、そんなベタなナンパスポットでナンパしている人いるの?と、こちらが大変驚かされるのですが、入られていたという大手のナンパ塾では、そこ(ベタなナンパスポット)でやるように指示され、塾生達は、いつもそこでナンパを頑張って励んでいる、とのことなのです。

「ほんまかいな?」と聞いたこちらも呆れ、驚くのですが、実際今も、有名なナンパスポットで、せっせとナンパを頑張っている方が多くおられるみたいなのです。東京なら、“新宿のあの場所”とか・・。

で、僕がそういう方(ナンパ塾で、有名ナンパスポットでナンパをしろと奨められた方)に、その塾では、どうしてその場所でナンパをするように塾長が言っているのですか?と聞いてみると、その答えが、

「ターゲットになる女性が多く行き来しているから」

という“答え”が返ってくる。

「なるほど、確かに「新宿のあそこ」は駅利用する人間が多いから、女性が多くいるな・・」と思うのですが、すぐに我に返って、「てか、ターゲットの質、悪すぎるじゃん!」と、自分で自分にツッコミを入れてしまうのですね(笑)。

前述しましたように、ナンパは、成果を挙げようと思えば、アプローチするターゲットの質はとても大事です。

いくら、アプローチするターゲット(女性)は多くいても、そのターゲットの“質”が悪ければ、それはほとんど意味をなさない。成果に繋がらない。つまり、ターゲットがいるようでいない、みたいな話になってくるのです。要は、前述した「質の悪いターゲットが1,000人いても・・」の話です。

なので、新宿のたしかに人の多い、“某場所”でいくらナンパを頑張ったところで、そこにいるターゲットの質が悪すぎるので、ほとんど成果は期待できないのです。

もちろん、何人もの女性にひたすら声をかけ続ければ、一人ぐらいはゲットできるかもしれません。でもそれは、“100人に声をかけて一人”とかの世界で、それって、もうめちゃくちゃ効率が悪いのですね。

基本、僕は、ナンパは10人に声かけて、最低一人はゲットできないとダメだと思っていますので。

では、ナンパは、一体「どこでやればいいのか」と言うと・・

ナンパは「この場所」でやれば、誰でも簡単に成功する。

 

ナンパを成功させようと思えば、「ナンパをする場所(スポット)」は大事。なぜなら、ナンパをする場所は、そのまま“ターゲットの質”に繋がってくるからです。

繰り返しますが、質の悪いターゲットが1,000人いるところと、質の良いターゲットが10人いるところとでは、後者の10人のところの方が、ナンパの成果は挙げやすい。

この10人は、毎日人が入れ替わっているので、例えば、一日一回ここでやれば、最低一人はゲットできるという計算になる。

ということは、ここで毎日ナンパをすれば、「ひと月に30人の女性」はゲットできることになるのです。ひと月に30人の女性のゲット、これって、まあまあ良くないですか?^^ たとえ、質の良いターゲットが10人しかいない場所でも、毎日やれば、このぐらいの成果を挙げることはできるのです。

じゃあ、そういう場所はどういう場所なのか?と言うと、それは、こういった場所になります↓

・ライバル(ナンパをする)があまりいないところ(意外性のある場所)で、

・女性がナンパをされても、「あまり嫌な気持ちにならない」場所

こういった場所になります。

「そんな場所、ほんとにあるのかよ!」と思われるかもしれませんが、探せば、普通に多くあります。こういった場所、探せばかなり多いですよ。

この場所のポイントは、上であるように、「(ナンパをしたら)意外性のある場所」「そこでナンパをされても、女性があまり嫌な気落ちにならないところ」になります。

これを聞くと、やっぱり「そんな場所、本当にあるのか?」と思われるかもしれませんが、本当にあります、それも多く。なぜかと言うと、実際、この僕が、ナンパをする時は、上記のポイントの場所でナンパをやって、そこで成果を挙げているからです。

というわけで、今これをお読みの皆さんも、今後ナンパをされる時は、有名なナンパスポット(新宿のあそことか 笑)ではやらず、「上記のポイントのある場所」でやるようにしましょう。

そうすれば、毎日100人とか声をかけずに、まあそうですね、10人くらいに声をかければ、最低一人ぐらいはゲットできるようになるのではないでしょうか^^

また、今お話した場所のことを、もう少し詳しく知りたいという方は、こちらにそのことについて詳細に書いていますので、良ければ、またご覧になってみてください^^⇒桐明達也の10日間無料セミナー

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー